2014年09月07日

無料で活用! 未来まとめ

◆朝燃やせば午後には拘留、強烈な標語で小麦の茎焼却禁止…◆012年6月14日、中国・河南省商丘市の公道には、小麦の茎を燃やさないよう呼び掛ける標語が書かれた横断幕が掛けられ、人々の注目を集めた。国際オンラインが伝えた。

極貧のはずの誅国農民、字は読めるのか?中国によるチベットとウイグルの実効支配は違法で無効です。なんだかなぁ……。こういうニュースを見ると、本当に中国人が哀れになってくる。中国の大多数の農民は、経済発展とは、縁遠い生活をしているだろう。そんな人々に、環境に配慮しろなどと、言う方が無理なんじゃなかろうか?社会主義国家なんだから、全ての国民に平等に、教育の機会や、経済発展の富の分配などしなければ、多くの国民の不満は、溜まるばかりだろう。だからって 止めないのが奴ら他所が迷惑してるとは考えない他所に迷惑をかけるのが生き甲斐…環境に配慮できないくそ中国。「朝燃やせば午後には拘留」や「小麦の茎に火をつければ拘留所での生活が待っている」と記載されているが、^^なにぃ!?^^^^これだけでは、環境問題に本腰を入れて取り組んでいるとはとても思えん!!^^^^只の見掛け倒し!!^^道徳心に訴えず、処罰で脅すしかない中国。民度が低いのでしょうがない。

ポルトガル語の『ボン ディア』は『おはよう』のことです!
posted by pr3 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405030837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。